お金

貯蓄を増やす際にやるべきことは「消費の見直し」ということ

スポンサーリンク

どうも。しまふくろーです。

本日も当ブログにお越しいただきまして

ありがとうございます。

f:id:daimaru-side:20171112010117j:plain



突然ですが、貯蓄がな人は一念発起して貯蓄をしていこうといなければ貯蓄できません。

貯金でも投資でも「増やすぞ!貯めるぞ!」という意識がなければ増やすことも貯めることできません。

お金を貯めようと思った時には、私は収入を増やそうと闇雲にノウハウにとびつくよりも、現状の収入の中で消費を減らす意識を持つ方が大切だと考えています。

そりゃそうだと思う方もいるかもしれませんが、言葉にして確認しておくことが大事です。

「言われて気づく」と「言われなくてもわかっている」では大違いです。もっと言うと「考えればわかる」ではなくて「考えるまでもなくわかる」と言うのがベストです。


そして、最初に取り組むのべきなのは「消費を減らす」ことだと思っています。

消費を減らすことを考えるメリット

消費を減らそうと考え、努力することで「お金の大切さ」がよく理解できるようになるからです。


お金のな人が宝くじか何かに当たって3億円手に入れた時のことを考えてみてください。

果たしてその人はその後お金に困らずに暮らしていけるでしょうか?


私は正直難しいんじゃないかと思います。

常識的に考えれば3億もあれば十分に暮らしていけますが、なんか無駄に豪華に家に住んで浪費して早い段階でお金を使い果たしてしまいそうな気がします。

宝くじが当たる前と後で金額の大小の差があるだけで、結局お金を貯める習慣がないからどんどんお金がなくなっていくだろうと思っているのです。

消費を抑えることから始めると話は違ってきます。

無駄な出費を抑えると言うことは、程度にもよりますが結構たいへんだったりします。

しかも、効果を微々たるものということがほとんどです。

その小さな効果を得るための努力が「お金の大切さ」を肌で学ぶことになり、貯蓄や収入が増えた時に浪費しないことに繋がると考えています。

でも実際は並行で進めるのがベスト

消費を減らすように色々と試行錯誤をしてみるのは最初にやるべきことだという考えは一貫しているのですが、実際に行動する際は並行して動くのが良いと思っています。


収入を増やすと言うことは、消費を減らすことよりも圧倒的に時間がかかるからです。


先ほどの宝くじの例ではいきなり手元にお金がどーんと入ってくるような話なので、ちょっと今回の例としてはよくなかったかもしれません笑。


基本的に収入を増やすには月単位、あるいは年単位での努力が必要になるため、開始時期は同じくらいでちょうどいいのです。

終わりに

色々と偉そうなことを書いていますが、私自身は特に人よりも年収が多かったり、貯蓄が多かったりというわけではありません。
(実績のなさからくる説得力のなさが半端ない)


ただ、こうした考えを持つようになってから貯蓄は着実に増えていますし、収入の少しずつ増やせるようにがんぱっています。


昔の私のままなら、きっと収入が増えたところで同じくらい消費が増えるだけで貯蓄なんてできなかったでしょう。



お金に対する考え方をしっかり持って入ればこの先収入がどーんと増えてもおかしなお金の使い方はせずにすみそうです。


あとは収入を増やすだけだ!!!



それではまた。



しまふくろー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です