心理

【ネガティブ・ダストビン】嫌な気持ちを捨て去るストレス対策テクニック

スポンサーリンク
悩み人
悩み人
生きるってストレスの連続だよね。。。
ちょっとしたことでも、イライラすることがたくさんあるわ
しまふくろー
しまふくろー
ストレス社会で戦うのは本当に大変だよね。
そんな時は3分でできるストレス対策【ネガティブ・ダストビン】を試してみたらどうかな?

というわけで今回は日々のイライラからくるストレスを簡単に解消するお手軽対策【ネガティブ・ダストビン】のお話です。

ネガティブ・ダストビンって何よ?

ネガティブ・ダストビンとは、超簡単な上に効果が期待できるストレス対策法です。

具体的にはこんな感じ。

ネガティブ・ダストビンのやりかた

①自分について嫌なところを書き出す
②ビリビリに破いてゴミ箱にポイっ!!

以上です。

悩み人
悩み人
え?これだけ?

って感じがするかもしれませんが、これが科学的に効果があるとされている方法なのです。

ネガティブ・ダストビンの研究

ネガティブ・ダストビンは2012年に行われたスペインのオートノマ大学の研究が基になっています。

この研究では83名の男女に対してネガティブ・ダストビンを行ってもらい、その後のストレス耐性や物事に対する評価の傾向を調べたというものです。

参加者は2つのグループに分けられました。

【グループ1】
①自分について嫌なところを書き出す
②ビリビリに破いてゴミ箱にポイっ!!

【グループ2】
①自分について嫌なところを書き出す
②ビリビリに破いてゴミ箱にポイっ!!っとせずに持っておく

要するにネガティブ・ダストビンを実施するグループと、そうでないグループですね。

結果としてはこんな感じ。

ネガティブ・ダストビンを実施したグループは、そうでないグループに比べて
・物事に対してポジティブな評価を下す傾向が出た。
・ネガティブな内容に対してのストレス耐性がアップした。

という結果になったそうです。

思考の物質化

ネガティブな事を紙に書き出す事で、脳が「思考」を「モノ」として錯覚した影響だと勘違いしちゃうらしいです。
研究チームはこれを「思考の物質化」と読んでいます。

ネガティブな事を書き出した紙を「ネガティブな感情そのもの」として認識し、それをゴミ箱に捨てる行為を行う事でネガティブ感情も一緒に捨てることができたと考えたわけです。

脳って結構騙されやすい器官なんですねー。

この理論でいうと、ポジティブな事を書いて持っておくのもいいかもしれません。

これですね。

たった3分で幸せになれるメントレ!スリーグッドシングスの効果で人生を豊かにしよう!どうも。しまふくろーです。 とにかくストレスの多い日本社会ではありますが、問題はそのストレスに押しつぶされる人もいるというのにその...

筆記開示(エクスプレッシブライティング)とのコンボ

自分が考えている事を紙に書き出すという手法は色々あるのですが、エクスプレッシブライティングという似た感じのモノもあるのでコンボにするといいかもしれません。

エクスプレッシブライティングは自分の考えとか感情をひたすら絞り出して書きまくる事で、ストレス対策になったり創造性を高めてアイディアを出したりといったテクニックです。

書き出すという行為自体は一緒なのでうまくコンボできるかもしれません。

ただ、ネガティブ・ダストビンでは3分程度、エクスプレッシブライティングでは15分から20分程度書き出す時間が取られるので、そのへんの調整はしないといけないですが、やる価値はありそうです。

終わりに

というわけで、超簡単お手軽ストレス対策「ネガティブ・ダストビン」でした。

日々のイライラはもちろん避けがたいモノかもしれませんが、うまく逃がしたり捨てたりするテクニックが一つでもあると対策できるので良いと思います。

そんなに時間がかかるテクニックではないので、ぜひ試してみてください。

それではまた。

しまふくろー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です