心理

中途半端はもう終わり!科学的に証明された「成し遂げる力」の作り方

スポンサーリンク

しまふくろーです。

三日坊主な自分が嫌になったりということってありませんか?

私は結構三日坊主なたちで、正直「継続する」と言うこと自体が苦手でした。
大人になってから継続することは特に苦ではなくなりました。

今回はこういった三日坊主を解消して「やり遂げる」人になるためのメソッドのご紹介です。

脳を騙して「やり遂げる人」になる7つの方法

やり遂げる人になる為には7つの方法があります。

しかしこれらは全てやらなければならないと言う訳ではなく、一つだけでもいいし、いくつか組み合わせてもいいわけで。

というか、あくまでも「ツール」なので、まずは意識して使ってみてもらえればそれでいいと思っています。

「やり遂げる人」になる7つの方法

①目標を小さく刻む
②コミュニティを選ぶ
③重要性を認識する
④簡単にする
⑤ニューロハックス
⑥夢中になる
⑦ルーティン化する

それでは一つずつ見て見ましょう。

①目標を小さく刻む

何かをやろうとするには、当然目標がある訳です。

が、多くの人はこの目標が大きすぎる。

目標があるならばそれを細かくしていきましょう。

私の経験上、大きさの目安は「笑えるくらいの小ささ」でOKです。

目標を小さくする例

【最終目標】
〇〇の資格合格!!

1段階目→ 参考書1冊を5周する!
2段階目→ 1日1時間勉強する
3段階目→ 1日1問新しい問題を解く
4段階目→ どんな問題があったか思い出す。

こんな感じで3段階くらい刻んで見てください。

目標が小さくなっていますので、だんだんと目標は「忙しいとはいっても自分でも楽勝だわー」くらいになるはず。

この小さな目標の小さな達成を積み重ねてください。

いきなり大きな目標を立てると、目標達成できずにすぐ挫折することになりかねません。

「できる!」をたくさん経験して脳に「目標達成できてるぞー」と知らせてあげるのです。

②コミュニティを選ぶ

人は社会的な動物です。

同調圧力と言うものがあって、人は無意識のうちに周りの人の行動や言動に合わせた行動を取ろうとします。

朱に交われば赤くなるってやつですね。

この人としての仕組みを「やり遂げる力」に転換して利用しようと言う訳です。

具体的には、似たような目標達成の為に行動している人と関わりを持つようにしましょう。
実際に会ったり、可能であれば一緒に目標達成のための取り組みができるとベストです。

もちろん、それが難しい場面も多いと思うのでもう一つ。

勉強するならば、勉強をしている人が多いカフェを利用する。
身体を鍛えるならば、しっかりと身体を鍛えている人が多いジムなどを利用する。

これだけでも効果はみられるはずです。

③重要性を認識する

目標が自分にとってどれだけ重要かを認識しましょう。

紙に書いて「これだけ大事なんだ!」と客観的に見られればより良いです。

こうすることで脳は「そんなに大事なことなら飽きたとかいってらんねぇぜ!!!」と騙されます。
(マジです。)

人の脳は処理能力は超ハイスペックなのですが、処理の過程でかなりの情報を補正しています。
要するに騙されやすいのです。

④簡単にする

目標は簡単にしましょう。

難しい目標達成が難しいのは自明の理。

「難しい目標を立てるな」と言っているのではなく、簡単な目標を多く積み重ねて大きな結果につなげるようにする訳です。

①の「目標を小さくする」ということと似ていますね。

⑤ニューロハックス

「目標に向かって行動する」と言うことは、なんとなく「考えて、行動する」ように感じます。

が、目標達成のための行動となれば話は別です。

作業興奮と言う言葉があるように、実はやる気と言うものは行動してから出てくるものなのです。

つまり、「やる気がない時はまず行動しろ」という訳です。

やる気があるから行動するのではなく、行動するからやる気が出る。

この勘違いを利用して

まず行動 → やる気が出る → 目標達成 と言う良いサイクルを作り上げましょう。

⑥夢中になる

夢中になってできるくらい楽しみましょう。

夢中になるということは「半端ない集中力が発揮されている状態」つまりフロー状態です。
(スポーツで言うと「ゾーンに入る」って感じかな)

集中できている状態であれば、あらゆる技術や知識の習得がより簡易に感じられます。

個人的にはこれが最強の武器のような気もしています。

⑦ルーティン化する

要するに習慣化です。

毎日やりましょう。

これは目標を刻み、簡単にすることでできるようになります。

効果的な学習の方法として分散学習と言うものがあります。
「1日で7時間勉強するよりも、7日間毎日1時間ずつ勉強する方が効果が高い」と言うものです。

習慣化することで、この分散学習の効果も期待できます。

まさに「ローマは一日にして成らず」

まとめ

と言う訳で、この7つの方法は相互に関わっていたりいなかったりしますが、とにかくやってみるのが大事です。

「やり遂げる人」になる7つの方法

①目標を小さく刻む
②コミュニティを選ぶ
③重要性を認識する
④簡単にする
⑤ニューロハックス
⑥夢中になる
⑦ルーティン化する

終わりに

これのいいところは「何かを成し遂げるのに性格は関係ないぞ!」と言っちゃっているところですね。

ブログやアフィリエイトなんかでも、継続ができずに挫折してしまう人が多いようなので、こういった知識も役に立つのではないかなーと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です