心理

努力できない人でも大丈夫!理想の自分にグッと近づく成長マインドセットの身につけ方

スポンサーリンク

どうも。しまふくろーです。

才能があるというのはなんとも羨ましい限りですが、才能がない人でも非凡な成果をあげられる可能性は存在します。

人は成長をすることができ、その成長を継続することで大きな結果に結びつけることができるのです。

これが成長マインドセットの考え方なのです。

才能vs努力

この答えは努力が勝つです。

序列にするとこんなイメージですかね

1.努力する天才
2.努力する凡人
3.努力しない天才
4.努力しない凡人

残念ながら世の中にはガチの天才は一定数存在します。

しかし、その天才たちはみなさんが思っているよりも多くありません。

世の中で活躍している人のほとんどは、あなたとそう変わらない才能を大切に育てた努力の人なのです。

ぜひ努力できる人になれる成長マインドセットを身につけましょう!

マインドセットとは

あなたが正しいを思っている考え方のことです。
「信念」や「価値観」といってもいいでしょう。

このマインドセットの中に成長マインドセット(Growth mindset)と硬直マインドセット(Fixed mindset)というものがあります。

これは人は成長できるという考え方と、人は才能によって固定化されている(変われない)という相反する考え方です。

硬直マインドセットになっている方はぜひ成長マインドセットに変わって努力できる体質になりましょう!

成長マインドセットの特徴

成長マインドセットとは
人は成長できるという考え方のことです。

一言で言うとやればできる!の考え方ですね。

成長マインドセットを持っている人は自然に努力ができる人です。

・失敗を恐れない
・逆境やストレスに強い
・挑戦力がある

といった特徴があります。

難しい資格試験の勉強でなかなか成績が上がらなくても淡々と継続して勉強ができる。
そんな人は間違いなく成長マインドセットの持ち主ですね。

硬直マインドセットの特徴

硬直マインドセットは成長マインドセットと違い人は変われないと考えてしまうマインドセットです。

特徴としては

・失敗したくないと言う気持ちが強い
・難しいことに興味がわかない
・失敗を才能のせいにする

といった感じです。

言語すると「自分は違う」と思う方もいるかもしれませんが、結構この硬直マインドセットに陥っている人は多いです。

マインドセットは人の頭の中で、分野によってカテゴライズされていることが多いからです。

例えば
・勉強すれば学力は伸ばせるけど、音楽の才能はないから作曲とかはできない。

これは私にめちゃくちゃ当てはまるのですが、内訳としては
・勉強の分野→成長マインドセット
・音楽の分野→硬直マインドセット
となってしまっています。

この「才能がない」というのも心理学で言うラベリング効果によって、より硬直マインドセットを加速させます。

先の「才能vs努力」に書いたように、才能がなくても努力によって勝てます。
才能があって勝つ努力する人には勝てないかもしれませんが、そんな宝くじにあたる確率でしか存在しない人と戦う必要なんてありません。

あなたがまず戦わないといけないのは「努力しない理由」となのです。

成長マインドセットの身につけ方

さて、どうやって成長マインドセットを身につけたらいいのか。

大きく4つあります。

・成長マインドセットを知る
・脳の成長について学ぶ
・「まだできないだけ」と考える。
・成功に至るプロセスを評価する。

成長マインドセットを知る

これは今この記事を読んでいる方はすでにクリアしています笑

成長マインドセットの存在とその内容を学ぶだけで、ストレス耐性やうつ傾向などが改善されたという実験もあります。

まずは成長マインドセットを学びましょう。
もっと詳しく知りたいという方にはこの本がおすすめです。

脳の成長について学ぶ

一昔前までは脳は成長しない、幼児期に神経系が確立し、その後は神経同士の結びつきが強くなるだけだというようなことが言われていました。

しかし、最近の研究では脳も成長するということが分かっていて、特定の分野のトレーニングを続けていると、その分野を司る脳の部位が肥大化するという結果が出ています。

つまり、トレーニング次第で脳もしっかりと成長するのです。

トレーニングはもう少しずつでも毎日続けること。
そして、自分に適度な負荷を与え続けることが重要です。

「まだできないだけ」と考える

失敗をした時に「才能がないから」と結論づけてしまうと硬直マインドセットになってしまいます。

「自分にはできない」ではなく

「自分にはまだできない」と考えましよう。

それだけで、次回の挑戦に対するモチベーションが上がります。

次があるということはチャンスが巡ってくるとこいうことです 。

成長マインドセットはこうしたチャンスを引き寄せることにもつながります。

プロセスを評価する

結果ではなくプロセスにもきちんと目を向けましょう。

結果はもちろん大切ですが、結果を導いたプロセスを軽視していいことにはなりません。

プロセスを評価することで、成長のためのステップを再確認し、より望んだ結果に近づくことができます。

硬直マインドセットを持っている人はプロセスをすっ飛ばして結果を見ようとするから結果が出る前に諦めがちになるのです。

まとめ

今回のまとめです。

まとめ

硬直マインドセット脱して成長マインドセットを持ち、努力できる人間になる。

成長マインドセットの持ち方
・成長マインドセットを知る
・脳の成長について学ぶ
・「まだできないだけ」と考える。
・成功にいたるプロセスを評価する。

終わりに

成長マインドセットにおける「やればできる!」は根性論ではなく、心理学的な実験を経て導き出されたものです。

つまり、科学的に証明されているものなのです 。

これを実践しない手はありません。

あ、もしかしたら自分も硬直マインドセットになってるかも。。。

そう思った方はむしろチャンスです。

硬直マインドセットを脱して成長マインドセットを手に入れ、努力ができる人間に変わり、理想の自分を目指しましょう。

それではまた。

しまふくろー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です