心理

小さなことからコツコツと!1%を改善し続けるマージナルゲイン思考

スポンサーリンク

どうも。しまふくろーです。

変化の激しい時代において、「現状維持」はすなわち「遅れ」と同義といっても過言ではないでしょう。

かといっていきなり大きな変化をするというのもなかなか難しい話ですよね。

でも、一度考えてみてください。

一気にやらずに少しずつ変化するというのでもいいんじゃない?

マージナルゲインとは

マージナルゲインとは、小さな改善を重ねることで大きな成果が生まれるという考え方です。

フランスで行われる自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」にて、イギリス人で始めて総合優勝を勝ち取ったチーム・スカイのゼネラルマネージャーが提唱したものでになります。

マージナルゲインは1%の戦略とも呼ばれ、一見効果のなさそうな小さな改善を徹底的に積み重ねていくことで最終的な成果を目指します。

「改善」にはそもそも、悪いところ(=失敗)がなければならないので、ある意味小さなものでも失敗を見逃さずに改善していくことが必要になります。

継続できない人にこそ、マージナルゲイン

世の中の多くの人は「継続」ができないことで困ったり悩んだりしています。

なんで継続ができないのかというと

理由はいくつか考えられますが、理由の一つとして大きな結果を求めすぎが挙げられるでしょう。

努力しても結果とか成果ってすぐには出なくて、コツコツと続けていった先にドン!といきなり出てくるものです。

最初から結果を求めまくっている人(志が高い人)ほど継続が苦手だったりするわけですね。

そいういう人にこそ、このマージナルゲインの考え方ってあっているとおもいます 。

結果が出ない間にも小さな改善をしていくようにすると、小さな目標と小さな結果が生まれます。

要するに目標のブレイクダウンができるのです。

小さな変化を多く起こす

1%の戦略と言われるくらいに、マージナルゲインでは小さな改善を重要視します。

小さな改善を積み重ねることで大きな成果を生む

そうです。

1つ1つの成果は小さくていい

この考え方の大事な部分はココなんじゃないかなと個人的には思います。

なんかコスパが悪そうですが、結局近道しようとすると失敗しやすいので

こうした王道を行くのがいいのではないでしょうか。

まとめ

今回のまとめ

まとめ

マージナルゲインは、小さな改善を積み重ねることで大きな成果を生む思考。
継続ができない人は成果を求めすぎ。目標をブレイクダウンしよう。
一つの努力における変化は小さくていい。この変化を多く積み重ねる。

終わりに

私は継続自体はそんなに苦手意識は無いのですが、ただ漫然と続けていることが多い人です笑

私もマージナルゲインに倣ってちょっとした改善を積み重ねて大きな成果を出せるように、努力の仕方をかんがえていくようにします 。

いやー勉強になるなぁ。

それではまた。

しまふくろー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です