FX

何をやってもダメな時、投資家はどの様に行動するべきなのか。

スポンサーリンク

どうも。しまふくろーです。

本日も当ブログにお越しいただきまして

ありがとうございます。


f:id:daimaru-side:20171221003221j:plain



投資に限ったことではないのですが、いつでも順風満帆というわけには行きません。

自分の思った通りに行かない時に「どれだけ自分をコントロールできるか」ということはとても大事なことなのではないのでしょうか。



私はジタバタせずに「時期を待つ」ことが良いと思っています。

何をやってもうまくいかない時期

多少大げさに書いてしまっていますが、今の私のFXのポジションのことです笑


いやーどのタイミングでどうポジションをとっても含み損が増えていきます笑。



含み益はとりあえず利確してしまえという感じでFXに望んでいるので、基本的にポジションほとんどマイナスになるのですが。

利確が少ないまま含み損ばっかりになると「負けてる」って感じが強くなりますね。

我慢をするのではなく気軽にスルーする

含み損が出ている状態を「我慢」と捉えると結構ストレスになるものです。

なので私は「時期じゃないだけ。のんびり待て」と自分に言い聞かせています。


どうせちょっとくらいの含み損はそのうちトレンドが出てきて回復するか逆指値に引っかかって自動で損切りです。


要するに、何をやってもうまくいかないという時期の取引では、ジタバタしても沼にハマるだけ。


なので、今のマイナスは気軽にスルーしましょう。


そのうち回復しますよ。きっと。

能天気でいられる守りの堅さ

こんな能天気でいられるのも、きっちり守りを固めているからです。


たとえ今うまくいかなくても逆指値を設定しているので致命傷にはならないし、資金量に対して取引量をかなり少なく抑えています。


失敗したところで大したマイナスにはならない様にしているのです。


当然、リスクをがっつりおさているのでリターンも少なめです。


そのローリターンを受け入れさえすれば、FXで破産なんてことにはならないので、私のような初心者は特に守りを固めて取引をすることをオススメします。


大きく勝つことよりも負けないことの方が大事だと。

そうい声高に叫びたいのです。

終わりに

必勝法なんて存在しないFXの世界で、大きく勝とうとして失敗してしまう方が残念ながら少なからずいます。


しかし、そういった方々の負け分をしっかり拾っていかなければ、今度は自分が損する番になってしまいます。


ダメな時はダメなので、そんな時は華麗にスルーをして、勝てるタイミングで勝ちにいく様にしましょう。


終始抽象的になってしまいましたが、「果報は寝て待て。」これです笑


それではまた。


しまふくろー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です